福井県庁=2月3日、福井市大手3丁目

 県税の自動車税について福井県は、クレジットカードでパソコンやスマートフォンから納税できるシステムを2018年度に導入する。県税務課によると北陸3県で初めて。27日の県議会総務教育常任委員会で理事者が報告した。

 同課によると、30都道府県が同様のシステムを導入しており、17年度以降は福井をはじめ兵庫や熊本、山口など6県が予定している。県は17年度にシステムの整備を進め、18年度から使えるようにする。

 県は、コンビニで自動車税と個人事業税、不動産取得税を納税できるサービスを08年度に開始。手軽さから自動車税の納期内納付率は7割後半に向上し、15年度の最終的な徴収率は99・6%に達した。自動車税は県税の1割を占める安定的な財源で、辻謙二総務部企画幹は「カードが使えるようになれば、24時間どこからでも納税できる。さらなる利便性の向上で収入確保につなげたい」としている。

 同課によると、市町の税収となる軽自動車税は、県内では鯖江市役所窓口でカード納税できる。

関連記事
あわせて読みたい