28日午前9時半ごろ、福井県美浜町丹生の舟通埼灯台から西南西約10キロの海上で、漂流している死体を遊漁船の船長が発見した。北朝鮮の故金日成(キムイルソン)首席と故金正日(キムジョンイル)総書記の肖像が描かれたバッジのようなものを所持しており、敦賀海上保安部が身元や死因を調べている。

 同保安部によると、死体は男性で身長約163センチ。腐敗が進んでおり、死後1カ月以上とみられる。バッジは上着の左胸ポケットに入っていた。黒っぽい防寒着の上着と黒っぽいズボン、「PHNOMPENH」と記載された救命胴衣を身に着けていた。

 同町菅浜の海岸では1月5日、「朝鮮人民軍」とみられる表記のハングルが書かれた木造船が漂着しているのが見つかっている。

関連記事
あわせて読みたい