都道府県別外国人延べ宿泊者数

 観光庁によると2016年に国内のホテルや旅館に泊まった外国人の延べ人数は前年比8%増の推計7088万人(速報値)となり、過去最高を更新した。7千万人を超えたのは初めて。三大都市圏に比べて地方の伸び率が高く、宿泊先が全国各地に広がり始めた。訪日客の行動は買い物から体験型へ重点が移行しており、訪日客の呼び込みが地域活性化の鍵となりそうだ。

 福井県の宿泊者数は前年比3・8%減の5万3830人で、都道府県別で全国最下位だった。福井県広域誘客課によると、内訳は観光目的が3万320人で19・8%伸びたものの、ビジネス目的が23・3%減の2万3510人と大幅に落ち込んだ。

 伸び率は、三大都市圏の4・8%に対し、三大都市圏を除く地方は13・2%だった。15年は全都道府県が前年比プラスだったが、16年は地震の影響を受けた熊本が28・0%減となるなど12県が前年を下回り、明暗が分かれた。

 東日本大震災で客足が落ち込んだ東北は、全県が前年を上回った。

 16年の年間訪日客は2404万人で21・8%増だったが、延べ宿泊者数の伸び率は訪日客数より小幅となった。施設に宿泊しないクルーズ船での訪日や、住宅を宿泊施設として活用する「民泊」の利用が都市部を中心に増えていることも要因とみられる。

 都道府県別の宿泊者数は、1806万人の東京がトップで、大阪1026万人、北海道692万人の順。10位までは前年と同じだった。

 国・地域別では、中国が1683万人、台湾1062万人、韓国780万人。宿泊先をみると、アジアは東京、大阪、北海道が多いのに対し、欧米は東京に次いで京都が人気だった。

関連記事
あわせて読みたい