山口茜

 バドミントンのドイツ・オープンは4日、ドイツのミュルハイムで各種目の準決勝が行われ、女子シングルスは山口茜(福井県立勝山高出身、再春館製薬所)が米国の選手を2—0で下し決勝に進んだ。5日の決勝で対戦予定だったカロリナ・マリン(スペイン)が棄権したため、優勝が決まった。

 山口は準決勝の第1ゲームを24—22で取ると、第2ゲームも21—19で奪い勝利した。

 決勝で対戦予定だったカロリナ・マリンはリオデジャネイロ五輪の金メダリスト。山口は2016年12月に行われたスーパーシリーズ・ファイナルで対戦、2—1で逆転勝ちを収めている。

関連記事
あわせて読みたい