チアダンス全米選手権で5連覇を果たし、喜びを爆発させるJETSのメンバー=米フロリダ州オーランド

 チアダンスの全米選手権は3〜5日、米国フロリダ州オーランドで行われ、インターナショナル・チームパフォーマンス部門で福井商業高チアリーダー部「JETS」が5連覇を果たした。

 同部門はジャズやヒップホップなど四つの要素を演技に取り入れ、技術や創造性などを競った。5日の決勝には予選を勝ち抜いた米の4チームと、JETS、神奈川県立厚木高の日本の2チームが出場。JETSが最高の95・04点をマークした。

 会場で演技を見守っていた、初代部員で現在はJETSコーチを務める三田村真帆さん(26)=日本チアダンス協会所属=は、「パワーのあるいい演技ができていた。プレッシャーや不安に打ち勝つ強さを持っていた彼女たちを誇らしく思います」と話していた。

 JETSは昨年11月、東京で開かれた全日本選手権決勝大会のチアダンス高校生部門で優勝し、全米選手権の出場権を獲得した。

 同部は、青春映画「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」(3月11日全国公開)のモデル。映画では全米チアダンス選手権大会初制覇までの軌跡を描いている。

 2月に同校で開かれた映画の試写会には、主演の広瀬すずさんと、チームメートで部長役の中条あやみさん、顧問役の天海祐希さんが登場。5連覇に挑む部員に「応援しているので自信を持って頑張って」とエールを送り、水越麻実部長(3年)に、出演者やスタッフが作った千羽鶴ならぬ“千機ジェット”を手渡した。

関連記事
あわせて読みたい