観客と一緒にチアダンスを楽しむ「Grace JETS」のメンバーたち=12日、福井県鯖江市下河端町の鯖江アレックスシネマ

 福井商業高チアリーダー部「JETS」をモデルにした映画「チア☆ダン」の公開に合わせ、鯖江アレックスシネマ(福井県鯖江市下河端町)で12日、OGでつくる「Grace JETS(グレース・ジェッツ)」が劇場内でチアダンスを披露した。スクリーンから飛び出してきたかのような華やかなステージで会場を盛り上げた。

 2014年に発足したグレース・ジェッツにはJETSの初代から7代目までのメンバー11人が所属。全員が全米制覇を経験しており、県内各地のイベントで公演している。今回はそのうち7人が上映前後の2回舞台に立った。

 7人は白と赤色の衣装に身を包み、ポンポンを手に登場。映画で使われている曲「グッド タイム」に乗って切れのあるダンスを披露した。またチアダンスの楽しさを体感してもらおうと観客にポンポンを配り、映画の挿入歌「青い季節」に合わせて会場と一体となりダンスを楽しんだ。

 質問コーナーもあり、観客は「練習時、仲間に修正点などを指摘するのはつらかったと思うが、どう指摘していたか」「親にしてほしかったことは」などと盛んに尋ねていた。

 高校時代、JETS部長を務めたメンバーの片岡美優さん(21)は「このような場所で踊らせてもらってうれしい」と語り、後輩たちの全米5連覇達成について「JETSの歴史をつないでくれてありがとうという気持ちでいっぱい」と話していた。

関連記事
あわせて読みたい