上位から下位まで切れ目のない強力打線が武器。1番北川主将は打率4割6分2厘、3本塁打とチームの大黒柱。北信越大会50年ぶりのサイクル安打を達成した4番山岸、広角に打てる3番井上開ら中軸は勝負強い。投手陣はエース左腕摺石を軸にタイプの異なる4枚がそろう。捕手の大上や遊撃の西村ら堅守も光る。

 投摺石 達哉3左左
 捕大上 真人3右右
 一井上 開都3右左
○二北川 智也3右左
 三川村  翔3右右
 遊西村吏久人3右右
 左山岸  旭3右右
 中山内 貴文3右左
 右吉田 有哉3右右
 補氏家 拓海3右右
 補加藤 功海3右右
 補中田 泰暉3右右
 補島谷 元貴3右右
 補近藤  岳3右右
 補大森 百登3右左
 補山岡 祥真3右左
 補佐藤 勇斗3右左
 補井上  亮3右右
 部長・安久 洋子 
 監督・大須賀康浩

関連記事
あわせて読みたい