ボートの全国高校選抜大会4種目で優勝した美方、若狭東の選手たち=20日、浜松市天竜ボート場

 ボートの全国高校選抜大会は20日、浜松市天竜ボート場(2000メートル)で各種目の決勝が行われ、福井県勢は男子かじ付きクオドルプル(4人スカル)の美方(山下森也、河畑晴斗、藤長寿哉、大野良太、武長聖典)が逆転で優勝するなど4種目で頂点に立った。

 美方はスタートから熊本学園大付と接戦を繰り広げた。終盤まで追いかける展開だったが、残り300メートル付近でスパートをかけ、わずかな差で勝ち切った。

 女子シングルスカルの新田明美は先行して逃げ切り、女子ダブルスカルの大崎未稀、武長凪那ペアは序盤で抜け出し押し切るなど、美方勢は計3種目を制覇した。

 男子ダブルスカルでは、若狭東(小見山敬弘、松岡拓実)が安定したレース運びで他を寄せ付けなかった。

 福井県勢は8艇が出場。決勝には全6種目に1艇ずつ進出した。

関連記事
あわせて読みたい