ジュラカと連携したキャンペーンを展開するブロードワイマックスの端末=福井市栂野町のオールコネクト

 地域密着型の電子マネーカード「JURACA(ジュラカ)」を運営する福井銀行・福井新聞社と、通信インフラサービス事業などのオールコネクトグループ(福井県福井市)は22日から、同社が取り扱う高速モバイルインターネット回線に新規契約すると、8月末までのジュラカの利用額から最大6千円を還元するキャンペーンを始める。

 同グループは県内での消費の活性化や地方創生への貢献を掲げ、ふるさと県民カードに認定されたジュラカの取り組みに賛同。オールコネクトの子会社・リンクライフ(東京)が提供する「BroadWiMAX(ブロードワイマックス)」と共同販促を展開することにした。

 ブロードワイマックスは持ち歩ける高速・大容量のネット回線。ポケットサイズの端末「Wi−Fi(ワイファイ)」ルーターを使い、家の中はもちろん、外出先でもパソコンやスマートフォンを同時にネット接続できる。料金は月額2726円(税抜)から。

 キャンペーンへの登録は、7月31日までに専用電話からブロードワイマックスを申し込み、料金支払いのクレジットカードとして福井銀の「iicaJCBカード」を指定する。特典として8月31日までのジュラカのクイックペイ、iicaの利用額の10%をキャッシュバックする。

 申し込みは、フリーダイヤル(0120)958553。平日午前10時〜午後10時、土日祝日午前10時〜午後8時。

関連記事