福井工大福井―仙台育英4回表福井工大福井2死一塁、山岸旭が左越えに同点2ランを放つ。捕手渡部夏史=甲子園

 第89回選抜高校野球大会は23日、阪神甲子園球場で1回戦が行われ、北信越代表の福井工大福井は九回に2点を挙げ仙台育英を逆転、6—4で競り勝ち41年ぶりの初戦突破を果たした。

 ▽1回戦(23日、甲子園)
 福井工大福井(北信越代表)
 000 200 022…6
 200 002 000…4
 仙台育英(東北代表)

 ■福井工大福井 摺石達也—島谷元貴
 ■仙台育英 長谷川拓帆—渡部夏史

 ▽本塁打 山岸旭(福井工大福井)

 福井工大福井は2点を追う四回、2死一塁の場面で山岸旭が左2点本塁打を放ち同点に追いついた。2点追う八回には、2死満塁の好機で島谷元貴が左前適時打を放ち同点に追いつくと、九回は相手の守備の乱れで逆転に成功。さらに吉田有哉の左前適時打で追加点を挙げリードを2点とした。

 福井工大福井先発の摺石達也は立ち上がり2点を奪われ、6回には味方守備の乱れなどで計4失点したが九回を粘り強く投げ切った。

 仙台育英は初回、1死一・三塁から佐川光明の中前適時打で先制。続く杉山拓海の左前適時二塁打でこの回2点を挙げた。六回にも2点を追加したが、その後は打線がつながらなかった。

 勝った福井工大福井は2回戦で健康福祉大高崎と対戦する。(大会第7日第3試合、午後2時試合開始予定)

関連記事