福井工大福井の大須賀康浩監督

高崎健康福祉大高崎の青柳博文監督

 センバツ8強入りを懸け、2回戦で顔を合わせる福井工大福井の大須賀康浩監督と高崎健康福祉大高崎(群馬)の青柳博文監督に、相手の印象や意気込みなどを聞いた。

 −初戦の収穫と課題は。

 大須賀 打つべき人が打ってチームを乗せてくれた。ただ、守備で無駄な塁を与え、攻撃はバントが決められなかった。

 青柳 甲子園の雰囲気に慣れたこと。打撃が非常に良かったので、逆に大振りにならないよう注意したい。

 −相手の印象は。

 大須賀 「機動破壊」と言うだけあって、盗塁や少しのミスでも次の塁を狙う走塁をしてくる。

 青柳 仙台育英戦を見て基本に忠実なチームだなという印象がある。

 −警戒する選手は。

 大須賀 サイドスローの伊藤投手。走者がいないと低めのコントロールがいい。走者を出して攻略したい。

 青柳 摺石投手。丁寧な投球でスライダーの精度がいい。打者は4番山岸君の長打と1番北川君の出塁に注意したい。

 —チームの強みは。

 大須賀 打線。点を取れる雰囲気がある。特に北川、吉田、井上開都、山岸の上位は好投手でも打ち崩せる。

 青柳 特筆した力はないが、甲子園という舞台でいつも通りの野球ができている。

 −理想の試合展開は。

 大須賀 走ってかき回してくると思うが、投手が最少失点に抑え、終盤に点を取る。今度は6点以上取りたい。

 青柳 ロースコアで勝ちたい。できる限り最少失点で抑えて、3〜5点取れれば。5点以上は取られたくない。

 −意気込みを。

 大須賀 1回戦を勝って勢いに乗っている。2回戦も突破したい。

 青柳 相手は力があるし、明治神宮大会も経験している。挑戦者のつもりで「粘り強く」を合言葉に戦いたい。

関連記事