鯖江市のコミュニティーFM放送局「たんなん夢レディオ」が県のブランド大使の認定を受けた。番組に出演している県内在住の英語指導助手(ALT)に本県の文化や生活を体験してもらい、魅力を母国の友人らに伝えるよう呼び掛けているため。メディアが団体として認定を受けるのは初めて。

 ALTが制作、出演している番組は毎週土曜日午後三時から四時まで放送している「ザ・ワールドアズワン」。昨年十一月に始まったこの番組はALTが母国語と日本語で海外の音楽やニュースを紹介。またALTが日本酒の蔵元や寺、仏壇屋などに出向いて作業体験したり、各分野で活躍する県民にインタビュー、その様子も放送している。毎週五人前後がレギュラーを務めこれまでに十人がゲスト出演している。

 夢レディオは出演者に対し、県民に多く接し魅力を母国の仲間に情報発信するよう要請。出演者も本県の魅力を逐一メールなどで母国の友人や家族らに伝えている。

 英国出身のコリン・ジョンストンさん(23)=鯖江市東陽中=は「リポートを通じ本県や鯖江市の美しさや楽しさを知った」と話し、米国出身のコリン・フッドさん(21)=武生工高=も「帰国後は本県の魅力を伝え家族や友人に旅行を勧める」と目を輝かせている。