角屋龍太投手(オリックス野球クラブ提供)

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツを運営する福井県民球団は28日、オリックスから育成選手の角屋龍太投手(26)を受け入れることを発表した。背番号は15に決まった。チームには4月1日に合流する。

 福井県民球団は、NPB(日本野球機構)球団のオリックス、阪神、ロッテの3球団と業務提携を結んでおり、オリックスからの選手派遣受け入れは昨年の戸田亮投手に続き2年連続となった。

 契約期間はシーズン終了までで、福井がプレーオフに進出した場合は延長される。両球団の都合によっては、前期終了時(6月末)までで契約を打ち切ることもある。選手の給与などはオリックスが持つ。

 角屋は岐阜県出身で、身長175センチ、体重72キロ。岐阜・富田高、名城大、ジェイプロジェクトを経て、2016年にドラフト8位で入団。1軍で2試合に登板したが、シーズン後に育成契約になった。140キロ台後半の直球が武器。

関連記事
あわせて読みたい