福井県の大野署は4日、大野市の60代女性が息子を装った人物から「不倫して子どもができたので慰謝料が要る」などと電話を受け、計800万円をだまし取られたと発表した。同署は特殊詐欺事件とみて捜査している。

 同署によると、電話は3月28日〜4月3日、男の声で女性の自宅に8回あり、いずれも「子どもができたので慰謝料が要る」「借金を返さないといけない」といった内容だった。

 女性は29日以降、銀行の現金自動預払機(ATM)から指定された複数の口座に8回、現金を振り込んだ。3日夕方、県外にいる息子に電話してだまされたことが分かり、同署に相談した。

関連記事
あわせて読みたい