映画「男はつらいよ」ロケ地記念石碑の除幕をする関係者=8日、福井県永平寺町東古市

 映画「男はつらいよ—柴又慕情(第9作)」が撮影された福井県永平寺町東古市に、ロケ地を記念した石碑が設置され8日、除幕式が行われた。

 同映画は45年前に公開。寅さん役の渥美清さん、マドンナ役の吉永小百合さんが同町の京福電鉄東古市駅(現えちぜん鉄道永平寺口駅)などでロケを行った。

 当時とは風景が変わる中、撮影の証を残そうと東古市区が中心となり記念事業へ機運が盛り上がっていた。石碑は同駅の旧駅舎前に町観光物産協会が設置し、「男はつらいよロケ地」と刻印されている。

 同駅周辺で行われたイベントに先立ち除幕式が行われ、プロジェクトに関わった区民代表の伊藤博夫さん(76)が寅さん愛用の衣装、トランクを持って登場。関係者らと石碑をお披露目した。

 同協会の山本平会長は「かつて国民的映画が撮影された地として記憶に残る場所にしたい」とあいさつした。

 石碑の脇には寅さんとマドンナの顔出し看板も立てられ、式典後さっそく住民らが記念撮影していた。

関連記事