山里口御門の復元工事について設計担当者(右)が解説した現場見学会=9日、福井市大手3丁目

 福井藩の歴史をテーマにしたイベント「福井の歴史にふれよう」が9日、県庁西側で進む福井城址(じょうし)の「山里口御門(やまざとぐちごもん)」の復元工事現場を開放して開かれた。来場者は復元工事の説明会や城址内の遺構を巡るスタンプラリーなどに参加し、歴史ロマンを満喫した。

 福井商工会議所青年部が、松平春嶽や由利公正らが活躍した福井が誇る歴史を知ってもらおうと企画。県の協力で工事現場を開放し、イベント会場として活用した。

 復元工事の説明会では、県の担当者が県都デザイン戦略に基づいて城址と市中央公園を一体的に整備している事業の概要や歴史背景などを解説。同御門の復元設計を担当した建築士の国京克巳さん(坂井市)は「残っている絵図をベースに、発掘調査で見つかった当時の礎石や石垣の彫り込みなどの建築データを集めて、使用する部材の大きさを決めている」「福井の笏谷石(しゃくだにいし)で屋根瓦が復元できたことは大変貴重」などと語った。

 イベントではこのほか、城址内の石碑や銅像を巡って福井藩の歴史を学ぶスタンプラリーも行った。ステージ発表や市内公民館の取り組みを紹介するブースが並んだ会場は、工事のためにお堀の水をせき止めて確保しているスペース。訪れた家族連れらは、普段は入れない“お堀の底”から眺める桜を歴史とともに楽しんでいた。

関連記事
あわせて読みたい