若狭消防署名田庄分署の新庁舎がおおい町名田庄久坂に完成し十一日、しゅん工式が行われた。

 新庁舎は署員の増加と建物の老朽化を受け昨年九月に着工した。一階が鉄骨、二階が木造で延べ九四三・二五平方メートル。一階に訓練室を兼ねた講堂や会議室などを備え、国道に面した二階には事務室や防火相談室、救急消毒室のほか、車庫が設置されている。

 式には藤田清男町長職務代理者をはじめ、署員や用地協力者など約八十人が出席。藤田代理者は「地域住民に安全・安心を提供できることを期待する」と式辞を述べた。田中武司若狭消防組合消防本部消防長は「署員は地域の方々の信頼や負託に応えられるように精進してほしい」とあいさつした。