ライトアップされた校庭の桜=10日夜、福井県越前市の味真野小

 福井県越前市の市文化財に指定されている味真野小の校庭の桜が15日まで、ライトアップされている。満開となった淡いピンクの花が夜の闇に浮かび上がり、平日でも多くの人が訪れている。

 桜は樹齢150年以上のエドヒガンザクラ。校庭の真ん中にある一本桜として、地元で親しまれている。毎年ライトアップを企画する地元グループ「さくらぶ」の高野宏明さん(70)によると、先週末に開花が進み一気に見頃になったという。

 10日夜は市内外から多くの人が訪れ、名物の夜桜をスマートフォンや一眼レフで撮影していた。スマホを使ったテレビ電話で“実況中継”する男性の姿も見られた。

 ライトアップは午後7時〜同9時半。花の状況によって期間延長もある。

関連記事
あわせて読みたい