福井市役所=2016年、福井市大手3丁目

 強盗などの容疑で逮捕された福井市職員の加藤孝義容疑者の日ごろの仕事ぶりを知る上司や元同僚職員は、「勤務態度は真面目で仕事はできる」「一体なぜ」など一様に驚きの声を上げた。

 1日から所属する自然史博物館には12日、出勤時間前に本人から休暇を願い出る電話があったという。その後、県警捜査員8人が家宅捜索に訪れたことで、同館職員は事件を把握。来館者に捜索状況が見えないよう、加藤容疑者の机などがある事務所をカーテンで遮ったという。

 男性職員は「仕事のできる職員と聞いていたが、一緒に働いてまだ10日ほど。仕事ぶりについては答えようがない」と困惑。元上司の男性職員は「特に真面目な職員で、しっかり働いてくれていた。逮捕の知らせを聞いても、まだうそだとしか思えない」と信じられない様子だった。

 事件のあった07年当時に同僚だった男性職員は「仕事はよくできたし、一生懸命働いていた。職場では挙動不審な様子はなく、そんな犯行に及んでいたそぶりは全く感じられなかった」と話していた。

 加藤容疑者の自宅付近の住民も一様に驚きの表情をみせた。近くの女性は「物静かで真面目。家族と仲が良い普通の人で、犯罪とは全く結びつかない」。家族ぐるみで付き合いがあったという女性は「何かの間違いではないか」と戸惑っていた。

関連記事
あわせて読みたい