イルミネーションに飾られた迷路を歩く園児=14日、福井県坂井市の芝政ワールド

 福井県坂井市の芝政ワールドに屋内巨大迷路が完成した。多彩な仕掛けや光、恐竜などの演出で幅広い世代が楽しめる。15日オープン。6月11日まで。

 「光と闇の迷宮」と銘打ち、芝政ドーム内に設置したもので、暗闇やイルミネーション、恐竜などに分かれた6ゾーンを通り抜ける。タイムトライアルもあり上位者をホームページで紹介する。

 14日の内覧会には同市の三国松涛保育園5歳児33人が招かれた。園児はドアの仕掛けや突然の暗闇に大歓声。恐竜のうなり声に泣きだす園児もいた。高原由和ちゃんは「恐竜が出てきてびっくりしたけど、楽しかった。家族とまた来たい」と笑顔だった。

 迷路の入場料は500円(3歳以上)で、6歳以下は父母らの同伴が必要。芝政ワールドは29〜5月7日、キャラクターの催しを行う。問い合わせは同ワールド=電話0776(81)2110。

関連記事
あわせて読みたい