若狭町長選で3選を確実にしバンザイする森下裕氏=16日午後9時ごろ、福井県若狭町鳥浜

 任期満了に伴う福井県若狭町長選は16日、投票が行われ即日開票の結果、無所属で現職の森下裕氏(68)=大鳥羽=が6664票を獲得、無所属で新人の上野寛二氏(77)=鳥浜出身、愛知県岡崎市=に5865票差をつけ3選を果たした。

 2005年の町誕生以来初の選挙戦で、投票率は61・13%。記録のある1981年以降、旧三方町、旧上中町時代を含めて投票率は最低となった。

 森下氏は重要施策として、交流人口の拡大を目指した地方総合戦略の推進、嶺南地域の近隣市町による広域連携を掲げてきた。町民や各種団体から幅広く支持を得た。

 午後8時50分ごろ、森下氏が若狭町鳥浜の選挙事務所に登場。支持者ら約450人(陣営発表)に拍手で迎えられ、万歳三唱を行った。初の選挙戦を振り返り「街頭で演説させてもらい、住民の期待を肌で感じた。裏切ることなく頑張りたい」とお礼の言葉を述べた。

 人口減などにより町の収入が減少する中、財政健全化に力を注ぐとし「交流人口を増やし経済力を上げるのが一つの方策。嶺南各市町の魅力ある財産発信に向け、連携をより深めていくことが(地理的に)中心にある若狭町の仕事」と力を込めた。

 上野氏は開票所の町中央公民館で「精いっぱいやったが一人きりの選挙戦で限界もあった」と話した。

 投票は午前7時から午後8時(一部は同7時)まで、町内11カ所で行われ、同9時15分から町中央公民館講堂で開票された。

2017若狭町長選 開票速報
定数:1立候補:2
22:09現在
開票率:100%
当 森下  裕 6664
  上野 寛二  799

関連記事
あわせて読みたい