ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは18日、川崎市のジャイアンツ球場で巨人3軍と対戦した。福井は0—6で完封負けし、今季初黒星。引き分けを挟んだ開幕からの連勝は3で止まった。通算3勝1敗1分けで西地区首位はキープしている。次戦は19日、同球場で巨人3軍と対戦する。

福井
000 000 000…0
120 300 00×…6
巨人

 【評】福井は好調だった打線が散発3安打と鳴りを潜めた。奮闘した継投陣を最後まで援護できず、零敗を喫した。

 巨人の左腕橋本篤郎の前に打線が沈黙。テンポ良くコーナーを突く変化球に苦しみ、七回までわずか2安打。投手交代した八回、高柳翔宇の四球と森亮太の中前打で2死一、二塁とするも後が続かなかった。

 先発の岩本輝は2ランを浴びるなど4回6失点。初登板の楊鑄真が1回1/3を無失点に抑えるなど、五回以降は5投手でつなぎ得点を許さなかった。

関連記事
あわせて読みたい