野菜の栽培でさまざまなことを学びます

 名門進学校で実施されている、一見すると大学受験勉強にはまったく関係なさそうな授業を実況中継する本連載。今回は東京の女子校「鷗友」の「深イイ授業」を追う。

 ■「園芸」は創立直後からの伝統科目

 鷗友学園女子中学高等学校は東京都世田谷区の閑静な住宅街の中にある。1980年代には中学受験の偏差値が38前後にまで下がったこともあった。1986年から学校改革に取り組み、いまや偏差値60超の人気進学校になった。

 校名は東京府立第一高等女学校(現在の都立白鷗高等学校・付属中学校)の同窓会「鷗友会」のメンバーたちが創立したことに由来する。

 「鷗友会」は府立第一高等女学校の校長だった市川源三を鷗友の校長に迎えた。市川は、生活体験を中心としてさまざまな技能や科目を総合的に学ぼうとする「コアカリキュラム理論」を当時の日本の実情に合わせて発展させ、「合科(ごうか)」という考え方を実践する教育者だった。現在でいえばまさに「総合的な学習の時間」ということになる。

 家事労働や生産労働に縛りつけられていた女性たちの、まさに労働という経験を出発点として、それを学問に結び付けようとしたのだ。たとえば、手紙を書くという行為から国語の知識や書道の技能につなげた。理科の知識を料理や野菜作りに生かすというようなことをした。その伝統が今でも受け継がれている。

 中1と高1で「園芸」の授業が必修だ。校地内にある実習園で、農作物や草花を育てる。創立直後からの名物科目であり、「限られた授業時間数の中でやりくりするのは大変なのですが、園芸は鷗友のシンボル。削るわけにはいきません」と吉野明校長。

 

 実習園の広さは100坪はあるだろうか。実習園のすぐ脇には、「園芸」専用の講義室があり、そこでも授業を行う。中1の収穫に立ち会わせてもらった。

 中1では、前期にラディッシュとツルナシインゲン、後期にホウレンソウもしくはチンゲンサイもしくはベンリナ、そしてブロッコリーを育てることになっている。葉菜類、果菜類、根菜類、花野菜のすべてを育てるカリキュラムだ。

 「実習ノートの15ページを見てください。ベンリナ、チンゲンサイ、ホウレンソウに付く害虫のことが書かれていますね。ネットの中に夜盗虫(ヨトウムシ)が入ってしまったようです。できるだけ駆除したのですが、追いつきませんでした。無農薬でやってきましたから、こうなるとどうしようもないんですね」

 担当の佐藤恵子先生が言う。

 「実習ノート」とは鷗友の教員が作ったオリジナルテキスト。栽培する作物について、さまざまな学問の視点から説明が書かれている。原産地はどこか、どういう経緯で日本でも栽培されるようになったのか、どんな品種改良がされてきたのか、どんな害虫が付くのか、どんな病気になりやすいのか、どうやって種をまけばいいのか、どれくらいの肥料をやればいいのか、どうやって収穫すればいいのか、どうやって食べればおいしいのか……。理科にも社会にも家庭科にも通じる。

■東洋経済オンラインの関連記事■
東大合格2位の女子校で毎朝裁縫をする理由
東大生にピアノ経験者が圧倒的に多い理由
日比谷高校が東大合格者を53人出せた理由
■福井新聞ONLINEの関連記事■
長時間働いていても「平気な人」「ダメな人」
親が絶対に言ってはいけない言葉
「無駄な考え」が悩みを増やす

関連記事