巨大ヘラクレスオオカブトを横目に出発する電動カート=19日、福井県勝山市村岡町寺尾

 福井県勝山市の長尾山総合公園(かつやま恐竜の森)に新たなアミューズメントゾーンが完成し19日、報道陣に公開された。

 広大な森のエリアには動く巨大昆虫ロボット10体を約1・3キロのコース沿いに設置。電動カートに乗車し約15分間の冒険ツアーを楽しめる。自然の中にいる昆虫は本物そっくりで怖いくらい。美しい自然も満喫できる。3歳以上のカート乗車は500円、毎日運行する。

 屋外で動く恐竜ロボットを楽しめるディノパーク横には恐竜の遊具を集めた「ガオガオひろば」を新設。14メートルプールを手こぎでスイスイ泳ぐミニボートのほか、恐竜の背中に乗るライド、恐竜の口から滑り降りる巨大スライダーの3遊具を設置。いずれも2〜5分間で400円。対象年齢は3歳〜小学6年生、平日は休園する。

 この日は招待された同市の南保育園児が一足早く遊具などを体験。園児は「大きい昆虫がいっぱいで面白かった。また来たい」と満足そうに話していた。

 21日にオープンする。

関連記事
あわせて読みたい