第138回北信越高校野球福井県大会1回戦・武生東―武生工業 3回裏、追加点のホームに生還する武生工業・山口将幸=22日、敦賀市総合運動公園野球場

 第138回北信越高校野球福井県大会は22日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は武生工業が7—0の7回コールドで武生東を下し2回戦へ進出した。

武生東
000 000 0 …0
101 210 2×…7
武生工業

■武生東 小林治大朗—辻隆誠
■武生工業 宮下哲平、山口嵩人—幸明慶勳

 武生工業は初回、1死一、三塁の好機で幸明慶勳が中前適時打を放ち先制。四回には石川大勲の中越え適時二塁打と山口将幸の中前適時打でさらに2点を追加し試合を決めた。

 先発の宮下哲平は五回まで無失点。2番手の山口嵩人も力投をみせ武生東打線に得点を許さなかった。

 武生東は四回、西野太陽の右前打と小林治大朗の左前打で無死一、二塁の場面をつくるも打線が続かず。その後は好機をつくれず先発小林を援護することができなかった。

関連記事
あわせて読みたい