第138回北信越高校野球福井県大会1回戦・高志―足羽 延長十回表、勝ち越しのホームを踏む高志の間航志=22日、福井フェニックススタジアム

 第138回北信越高校野球福井県大会は22日、福井フェニックススタジアム(福井市)と敦賀市総合運動公園野球場で1回戦6試合を実施。フェニスタ第1試合は延長10回、高志が足羽を12—10で下し2回戦進出を決めた。

高志
012 103 012 2…12
100 002 610 0…10
足羽

■高志 林洋介、小林拓也、林—石丸森平
■足羽 山岡悠馬、石田幸太郎—松倉穂高、徳橋佑希也

▽本塁打 菱川修平(足羽)

 高志は1—1で迎えた三回、1死一三塁で相手守備の乱れから逆転。さらに3番澤田健太朗が犠飛を放ちこの回計2点を奪い逆転に成功。六回には3点を追加した。しかし足羽に逆転を許し8—10で迎えた九回、土壇場で同点に追いつき延長戦へ。延長十回、4番小嶋優輔が適時打を放ち勝ち越し。さらに吉村俊洋も適時打を放ち計2点を入れ足羽を振り切った。

 足羽は6点差をつけられたが、六回に4番菱川修平の本塁打で2点を返し、さらに七回には高志投手陣を攻め一挙6点を奪い試合をひっくり返したが、あと一歩及ばなかった。

関連記事
あわせて読みたい