第138回北信越地区高校野球福井県大会第3日は23日、福井市の福井フェニックススタジアムと敦賀市総合運動公園野球場で1回戦6試合が行われる。

 福井フェニックススタジアムの第3試合は、啓新と三国が激突。啓新は県外の強豪と試合を重ね、実力をつけている。本格派右腕牧丈一郎と昨秋の県大会で好投した藤原直也との二枚看板で相手打線を迎え撃つ。三国の中軸を担う中林直哉、牧田龍之介、三田村亮はいずれも長打力がある。監督お墨付きの打線で大量得点を狙う。

 敦賀総合の第3試合は科学技術と福井農林が対戦する。科学技術は福井市長旗争奪大会を制し自信をつけている。「打ち勝つ野球」で圧倒したい。福井農林は長打力がある打者が上位に並ぶ。粘り強く接戦に持ち込みたい。

【福井フェニックス】
▼1回戦
丸岡—丹生(午前9時)
奥越明成—丹南(午前11時半)
啓新—三国(午後2時)

【敦賀総合】
▼1回戦
福井高専—若狭(午前9時)
藤島—鯖江(午前11時半)
科学技術—福井農林(午後2時)
*試合は全て開始予定

関連記事
あわせて読みたい