第138回北信越高校野球福井県大会1回戦・藤島―鯖江 藤島打線を完封した鯖江・山村健太=23日、敦賀市総合運動公園野球場

 第138回北信越高校野球福井県大会は23日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は鯖江が藤島を1—0で下し、2回戦へ進出した。

藤島
000 000 000…0
010 000 00×…1
鯖江

■藤島 伊戸一真—森山拓翔
■鯖江 山村健太—坂本竜三郎

 鯖江は二回、7番高橋諒太の左中間適時三塁打で1点を先制した。先発の山村健太は要所を締めて藤島打線を完封。貴重な1点を守り切った。

 藤島の伊戸一真は終盤の七、八回を三者凡退に抑えるなど8回を一人で投げて被安打4。味方の援護を待ったが、打線はあと1本が出なかった。

 鯖江は30日、奥越明成と2回戦を戦う。敦賀市総合運動公園野球場で午後0時半開始予定。

関連記事