第138回北信越高校野球福井県大会1回戦・三国―啓新 好投した啓新先発の藤原直也=23日、福井フェニックススタジアム

 第138回北信越高校野球福井県大会は23日、1回戦を行い、福井フェニックススタジアム(福井市)の第3試合は啓新が三国に7—0で7回コールド勝ち、2回戦へ進出した。

三国
000 000 0…0
330 000 1×…7
啓新

■三国 石田瑛暉、砂田拓海—保出龍兵
■啓新 藤原直也—喜屋武賢

 啓新は一回、無死二塁の好機で宮治大起が右前に返し先制、さらに秋山和徳の適時打などで2点を加えた。二回には1番坂上翼紗の適時三塁打などで3点を追加、三国を突き放した。6点リードのまま迎えた七回に岸悠二朗の適時内野安打で1点を奪い、コールド勝ちを決めた。

 先発した右腕藤原直也が安定した投球を披露。三〜六回を三者凡退に打ち取るなど、7回被安打2で零封した。

 三国は二回、児玉蒼の安打などで三塁まで走者を進めたが、その後は打線が沈黙した。先発石田瑛暉は二回途中で交代、代わった砂田拓海が中盤をしのいだが、力尽きた。

 勝った啓新は2回戦で科学技術と対戦する。福井県営球場で30日午後0時半開始予定。

関連記事