第138回北信越高校野球福井県大会1回戦・科学技術―福井農林 延長十回、勝ち越しの適時二塁打を放った科学技術の野路=23日、敦賀市総合運動公園野球場

 第138回北信越高校野球福井県大会は23日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第3試合は科学技術が福井農林を延長10回、5—3で下し2回戦へ進出した。

科学技術
010 100 001 2…5
000 000 030 0…3
福井農林

■科学技術 宮川敬梧、松永侑也—八木下和輝
■福井農林 近藤亜達、相馬晃希—城地幹太

▽本塁打 城地幹太(福井農林)

 科学技術は二回と四回に1点ずつを挙げた。九回には相手守備の乱れから同点に追いつき、延長十回には2死一、二塁から6番野路開世が左越え適時二塁打を放ち2点を勝ち越した。

 九回から登板した松永侑也は2イニングをきっちり抑えた。

 福井農林は序盤は好機を生かせなかったが、八回は城地幹太のランニング本塁打などで計3点を奪い逆転。しかし同点に追いつかれ、延長戦をものにできなかった。

 勝った科学技術は啓新と対戦する。(30日県営第2試合、午後0時半開始予定)

関連記事
あわせて読みたい