任期満了に伴うJA県五連会長選の立候補受け付けが二十六日締め切られ、JA福井市経営管理委員会長の山田俊臣氏(71)=同市渕一丁目=が無投票初当選を果たした。六月二十七日に開かれる通常総会の承認を経て正式に就任する。任期は三年。

 立候補受け付けは同日午後三時に締め切られ、山田氏以外に届け出はなく、五月九日の県内各組合長らによる投票を待たず当選が決まった。

 福井市の県農業会館で会見した山田氏は「極めて厳しい農業情勢の中で組合員九万三千人、五万農家の幸せのために全力で頑張っていきたい」と抱負を述べ、同JAの事業改革や生産指導、販売力強化に意欲を示した。

 県一JA構想については、「十五JAの財務関係などでまだ温度差がある。十分な協議を重ねていきたい」と強調。時期については「段階的な合併を目指して努力していく」と述べるにとどまった。

 山田氏は、一九七九年から福井市議を六期務め、二○○○年に県農政連会長、○二年に全国農政協=現全国農政連=の副会長に就任。○三年からJA福井市経営管理委員会長を務める。

関連記事
あわせて読みたい