「フクイラプトル」などが登場して“対決”するライブショー「恐竜ライブディノサファリ」=25日、東京都渋谷区の渋谷ヒカリエホール

 福井県勝山市で化石が見つかった肉食恐竜「フクイラプトル」や大型の「ティラノサウルス」といった“恐竜”が縦横無尽に動き回る体験型ライブショーが25日、東京都渋谷区の商業施設で報道陣に公開された。恐竜時代にタイムスリップしたかのような冒険の世界が繰り広げられ、観客を圧倒した。

 「渋谷に恐竜サファリ出現!」と銘打ったライブショー「恐竜ライブディノサファリ」は、ゴールデンウイーク期間向けの有料イベント。

 福井県と東京の企業が共同製作した全長5・5メートルのフクイラプトルのほか、全長8メートルのティラノサウルス、トリケラトプスなど6体が、会場を生きているように歩き回りほえた。

 フクイラプトルは炭素繊維などの先端技術を駆使。迫力あるライブショーにはサファリガイドや恐竜レンジャーも加わり物語風に仕上がっている。

 福井県にゆかりのあるタレントの「パックン」がオフィシャルサポーターとして登場。公演前に「まさにリアルな世界。みなさん、冷静さを失うこと間違いなし」とPRした。

 公演は26日〜5月6日まで。上演時間は約50分。チケットは2800円(税込み)。

関連記事