キグレNEWサーカス福井公演(福井新聞社、FBC福井放送主催)は二十八日、鯖江市下河端町の特設会場で開幕した。初日は二公演に約三千人が訪れ、光と音が織りなす幻想的な世界で次々に繰り広げられる超人技に酔いしれた。

 六年ぶりとなった本県での公演は、ピエロのショーで幕開け。綱を使って上空で舞う「一本綱アクロバット」や手さばき鮮やかなジャグリングショー、プードルなど動物の曲芸、球状になった金網の中をバイク三台が駆けめぐる曲乗りスタントなど多彩なステージが展開された。

 大野市出身の清水裕美さん(28)による「坂綱渡り」などは、かたずをのんで見守った観客から成功の瞬間、大きな拍手がわき起こった。フィナーレを飾った空中ブランコには男女五人が出演。目隠し状態で手をつなぐ技など地上十三メートルの高さで超人技を次々に披露し、観客の視線をくぎ付けにした。

 公演は六月三日まで火曜日を除いて開かれる。当初二回を予定していた三十日の公演は午前十時、午後零時半、同三時からの三回公演に変更となった。