宇宙に興味を持ったきっかけや、宇宙での体験談を語る山崎直子さん=4月、東京都内

 「いつか宇宙に行けたらいいな」−。小学生の時に、星空を眺めながら漠然と抱いた宇宙への憧れが、夢の実現へのスタートだった。日本人2人目の女性宇宙飛行士として2010年4月に宇宙で任務を果たした山崎直子さん。「ゆめ つくる ふくい」プロジェクトのスペースキッズサポーター就任にあたり、15日間の宇宙滞在の様子や、子ども時代のことについて振り返ってもらった。

 −宇宙へ出発した時の様子を教えてください
     
 2010年4月5日。宇宙服を着て、打ち上げ3時間前にスペースシャトル「ディスカバリー」に乗り込みました。エンジンに火が付くと、ドドドーッという揺れと、バリバリッという重低音が響き渡りました。ヘルメットとヘッドセットを付けているので、外からの音は遮られますが、頭がい骨を通じて振動を感じ、打ち上がったと分かりました。始めはゆっくりですが、だんだんスピードが上がり、最終的にマッハ25、秒速8キロになります。加速時にかかる重圧は約3G。自分と同じ体重の人が上に3人乗っているのと同じです。ほほが後ろに引っ張られ、腕も強い力でグーッと押さえつけられます。

 打ち上げから8分30秒後、エンジンが止まります。急ブレーキをかけたように前につんのめりになりますが、体が浮いている感覚があります。シートベルトを外すとふわっと浮くんです。普段は下にたまっているほこりなども一斉に浮いて、日の光を浴びて光るので幻想的な雰囲気でした。すると「ウェルカム・トゥ・スペース(ようこそ宇宙へ)」という船長の声がコックピット内に響き渡りました。体中の細胞が喜んでいるような、何だか懐かしい感覚でした。宇宙は遠いところというよりも、むしろ「ふるさと」だと感じました。

 −宇宙から見た地球はどうでしたか?        

 窓から初めて地球を見た時、ちょうど地球が真上に輝いていました。朝日を受けてキラキラと青く光り、雲はダイナミックに動き、地球自体が一つの生命体のような感じがしました。昼間は大自然の力強さがすごくきれいに際立ちます。夜になると真っ暗で地形は見えないんですが、電気の明かりがこうこうと輝いて、夜景の光がすごくきれいです。特に日本は明るくて、電気の明かりで日本列島が浮かび上がるんです。自然の力も強いですが、人の力もすごいな、強いなと思いました。

 −宇宙に興味を持ったきっかけは何ですか?     

 千葉県の松戸市で生まれ、父の転勤で幼稚園から札幌市で暮らしました。小学2年生の時、近所の学校のグラウンドで開かれた「星を観(み)る会」に家族4人で参加しました。そこで初めて天体望遠鏡をのぞき、月のクレーターと土星の輪に感動したのを今でも覚えています。その後、松戸市に戻ると、ちょうど近所にプラネタリウムができました。わくわくしながら家族で見に行きました。一人でも何度も行きました。当時のアニメ「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」も好きで、一つ一つのきっかけが重なり、宇宙に興味を持ち始めました。

 −福井県の子どもたちへ、メッセージをお願いします 

 技術の進歩が進み、これからますます動きが速くなる時代だからこそ、子ども時代の体験はとても大切です。私自身も小学生の時に星空を観察した経験などを通して、宇宙への夢を膨らませました。皆さんも自分の目や手足を使って、いろんな体験を積んでほしいです。

 宇宙は切り口がとても広くて、天文学者、人工衛星を作るエンジニア、宇宙食や宇宙で着る服を作る人など、本当にたくさんの幅広い技術が関わっています。ぜひ皆さんにもちょっと空を見て視野を広く持って、自分自身の興味を広げてほしいです。応援しています!!

 やまざき・なおこ 1970年千葉県松戸市生まれ。東京大工学部航空学科卒、同大学院修士課程修了。96年、宇宙開発事業団(現在の宇宙航空研究開発機構、JAXA)に就職。99年、宇宙飛行士候補に古川聡、星出彰彦両飛行士と選ばれ訓練開始。2010年4月、米スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗した。向井千秋さんに次ぎ日本人女性2人目、母親としては初の宇宙飛行だった。11年8月にJAXAを退職、現在は宇宙政策委員会委員。

 ×  ×  ×

 ■スペースキッズ募集要項

 対象・定員:4月1日時点で県内在住の小学5、6年生100人程度。先着順。イベントの案内は保護者あてにメールで送信しますので、携帯電話やパソコンなどでメールが受け取れる人。キッズに決まった児童は紙面に名前、学校名、学年を掲載します。

 参加料:無料。

 主なイベント
 ▽結団式(6月24日) 年間スケジュールなどを確認します。宇宙飛行士の山崎直子さんから激励のビデオメッセージを紹介。キッズTシャツを進呈します。宇宙航空研究開発機構(JAXA)職員の講演があります。
 ▽キャンプ(8月2、3日) 大野市の県立奥越高原青少年自然の家、県自然保護センターで1泊2日の行程。天体観望会やペットボトルロケット大会を行います。夏休みの自由研究にも役立ちます。
 ▽施設見学(10月) 石川県小松市を訪れ、小松空港での航空教室やサイエンスヒルズこまつで体験学習を行います。
 ▽解団式(2月) 修了証や記念品をプレゼントします。
 ※イベントに保護者の同伴は不要です。福井新聞社までの送迎はお願いします。
 ※ミニイベントも随時計画します。(希望者のみ)

 申し込み方法:ホームページ「福井新聞ONLINE(オンライン)」(http://www.fukuishimbun.co.jp/)のトップページに設置された「スペースキッズ募集受付」から申し込んでください。

 問い合わせ:福井新聞社読者センター=電話0776(57)5140。(日曜、祝日を除く午前9時〜午後5時)

関連記事
あわせて読みたい