朝倉義景の書状。左下方に義景の花押がある=福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

 福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館は27日、越前の戦国武将で朝倉氏最後の当主、朝倉義景(1533〜73)が、室町幕府の将軍足利義昭の要請で1573年に敦賀へ出陣した際に出した書状が見つかったと発表した。朝倉氏滅亡5カ月前の、近江・越前の戦況がうかがえる1次資料。義昭の奉公衆や浅井氏らと「反織田信長」で連携していた様子が分かり、同館は「義景は軍事面では弱腰という歴史上の評価とは異なる一面を読み取れ、貴重な資料」としている。

 書状は縦11センチ、横36・7センチで斐紙(雁皮紙)に墨で書かれている。専門家の鑑定で、花押などから義景の書状と判断された。県外の個人蔵で、昨年同館に持ち込まれた。

 宛先は近江国(滋賀県)朽木荘(くつきのしょう)の領主で、義昭に仕えていた武将佐々木弥五郎(朽木元綱)。「三月十二日」の日付があり、同館は「朝倉始末記」に記される1573年3月11日の敦賀出陣の翌日に出されたとしている。

 書状は同館で4月29日〜5月31日に展示する。

 ◆朝倉義景の書状・意訳◆

 将軍義昭様が織田信長に敵対されたことについて、あなた(朽木元綱)も従われるとのこと、殊勝に思います。特に道中の通行の安全について御約束いただき大変安心しました。そこで昨日11日に敦賀へ出陣しました。今後は浅井としっかり詳細を確認しながら、義昭様の意向に従い行動します。問題のないよう皆で相談し道中の守りをしっかりとしましょう。詳しくは使者の鳥居兵庫助(景近)と高橋新介(景業)が申し上げますので、よろしくお願いします。

関連記事
あわせて読みたい