電車に自転車を持ち込めるえちぜん鉄道の「サイクルトレイン」の運行が二十九日始まった。福井駅ではカップルやサイクリング愛好者らが自慢の愛機と一緒に早速、電車に乗り込む姿が見られた。十月二十八日まで日曜日と祝日に運行する。

 環境に優しい電車の利用促進と、健康増進を目指して昨年の試行運行に続いて企画した。

 今年は利用できる時間帯を午前七時—午後七時(始発駅の時刻)に充実させ本格運行。本数を昨年の上下二十本から百五本に増やしたほか、自転車と一緒に乗り降りできる駅も十二駅に倍増した。

 福井市運動公園一丁目、会社員上坂透さん(35)は「勝山駅で降りて平泉寺に行きます。いつもは自転車で直接、勝山や大野などへ出掛けますが、これだと目的地近くまで電車で行けるので、到着先で行動範囲が広がりそう」と話していた。

 昨年は七月末から十月末までの日曜日、祝日に運行、百八十五人が利用した。