第138回北信越高校野球福井県大会2回戦・福井商業―大野 福井商業との接戦を制し歓喜する大野ナイン=29日、福井県営球場

 第138回北信越高校野球福井県大会は29日、福井県内2会場で2回戦を実施。福井県営球場第1試合は大野が6—5で第1シードの福井商業を下し準々決勝へ進出した。

大野
400 020 000…6
020 200 010…5
福井商業

■大野 辻亮圭—山内哲也
■福井商業 水町和葵、石本太一—北川雄樹

 大野は初回、打線が爆発。林汰一、辻亮圭、川上拓海の3連打で無死満塁の好機をつくると、山内哲也の四球で先制。続く谷口稜弥の右前適時打などでこの回計4点を挙げた。同点に追い付かれ迎えた五回、1死三塁の場面から谷口稜弥が左前適時打を放ち勝ち越し。村上仁哉の適時打でさらに1点を追加した。

 先発の辻亮圭は5点を失ったが投げきった。

 福井商業は最終回、1死一、二塁と一打サヨナラの場面をつくったが打線が続かず、昨年に続き初戦で敗退した。

関連記事
あわせて読みたい