ゴールデンウイーク初日に化石発掘体験を楽しむ家族=29日、福井県勝山市北谷町の野外恐竜博物館

 恐竜化石出てこい—。大型連休(GW)が29日スタートし、冬の間休館していた福井県勝山市北谷町にある化石発掘体験場「野外恐竜博物館」が再開した。福井県立恐竜博物館(同市)から専用バスに揺られて現場に入った県内外の親子連れらが早速、ハンマーを振るった。

 野外博物館は恐竜化石の発掘現場を間近に眺めながら発掘体験ができる人気のスポット。この連休期間中、土日祝日の予約枠はほぼ埋まっているという。

 参加者は石を手に家族同士でたがねを当てる位置を探りながらハンマーを打ち付けた。化石らしき物を見つけるたびに話し合ったり、スタッフの元へ確認に走ったりした。植物や貝のほか、動物の骨や魚のうろこの化石も見つかり歓声が上がっていた。

 富山市から家族5人で訪れた千田玲生(れい)君(小学1年)は貝の化石を手に入れ「うれしい。大切にする」と笑顔を見せた。父親の士郎さん(38)は「普段忙しいので連休は家族で過ごしたい」と話していた。

関連記事
あわせて読みたい