福井―信濃 9回途中まで無失点に抑えた福井の先発浜田俊之=福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは29日、福井市の福井フェニックススタジアムで信濃グランセローズと対戦し、1—0で今季初のサヨナラ勝ち。通算8勝3敗1分けとし、西地区首位をキープ。2位信濃とのゲーム差を2・5に広げた。次戦は30日、新潟県上越市の高田公園野球場で新潟アルビレックスBCと戦う。

信濃
000 000 000…0
000 000 001x…1
福井

 【評】福井が緊迫した投手戦を制し3連勝した。先発浜田俊之は8回2/3を無失点に抑える好投。九回に甲川稔がサヨナラ打を放ち、熱戦に終止符を打った。

 浜田は1四球と抜群の制球で、八回までゼロを並べた。九回は2死からジェウディーに二塁打を浴び降板したが、継投した藤原静也が後続を断ち、本塁を踏ませなかった。

 打線は八回まで散発2安打と、信濃先発の佐々木勝一に苦しんだ。九回、小野瀬将紀が左前打で出塁し盗塁、さらに2四球で満塁とし甲川の左前適時打でけりをつけた。

関連記事