第138回北信越高校野球福井県大会2回戦・啓新―科学技術 8回を投げ被安打4、無失点と好投した啓新の藤原=30日、福井県営球場

 第138回北信越高校野球福井県大会は30日、福井県内2会場で2回戦を実施。福井県営球場第2試合は啓新が科学技術を6—0で下し昨春に続き準々決勝へ進出した。

啓新
000 013 020…6
000 000 000…0
科学技術

■啓新 藤原直也、牧丈一郎—喜屋武賢
■科学技術 宮川敬梧、松永侑也、衣川孝治—八木下和輝

 啓新は五回表、岸悠二朗が四球でチーム初出塁すると摂津賢亮が中前打を放ち1死一三塁、続く喜屋武賢の犠牲フライで1点を先制。六回には宮治大起と清水優雅の適時打で計3点を追加。八回にも清水の適時打で2点を奪い終始優位に試合を進めた。

 先発の藤原直也は8回を被安打4、8三振と1回戦に続き好投を見せた。九回に登板した牧も三者凡退に抑えた。

 科学技術は五回1死二・三塁、七回2死一・二塁と好機を作ったが後続が打ち取られた。

 勝った啓新は準々決勝で若狭と対戦する。(敦賀市総合・5月3日午前10時開始予定)

関連記事
あわせて読みたい