第138回北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・大野―高志 6回表高志1死二、三塁、小嶋優輔の右前適時打で3点目のホームを踏む吉田達成=3日、福井県営球場

 第138回北信越高校野球福井県大会は3日、福井県内2会場で準々決勝を実施。福井県営球場第1試合は高志が大野を4—1で下し3年ぶりに準決勝へ進出した。

高志
100 021 000…4
000 001 000…1
大野

■高志 林洋介—石丸森平
■大野 辻亮圭—山内哲也

 高志は初回、中村駿斗の左前適時打で先制。五回は四球と犠打で1死二、三塁とすると4番小嶋優輔が右前適時打を放ち2点追加。続く六回にも1点を追加し大野を引き離した。

 先発した左腕のエース林洋介は、三回まで3者凡退で抑えるなど好投を展開。2回戦の完封に続き完投した。

 大野は六回に1点を返し、九回に2死一、三塁とするもあと1本が出なかった。

 高志は5日、敦賀市総合運動公園野球場で啓新対若狭の勝者と準決勝を戦う。

関連記事
あわせて読みたい