第138回北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・金津―坂井 完封した坂井の吉川大翔=3日、福井県営球場

 第138回北信越高校野球福井県大会は3日、福井県内2会場で準々決勝を実施。福井県営球場第2試合は坂井が金津に8—0で8回コールド勝ちし準決勝へ進出した。

坂井
011 201 03…8
000 000 00…0
金津

■坂井 吉川大翔—石川雅晴
■金津 斉川隼大、川端哲平、石丸結大—南恒希

 坂井は二回、失策と犠打で先制、続く三回にも1点を追加。四回、四球や宮永泰誠の中前打などで1死満塁とすると、牧野大和が左前適時打を放ち3点目を挙げた。八回、2死一塁でまたも牧野が右中間を破る適時二塁打を放ちリードを広げた。石川雅晴と軽部裕樹の適時打でこの回3点を追加し、金津を突き放した。

 先発した吉川大翔は、緩急自在な投球をみせ金津打線を6安打に抑え完封した。

 敗れた金津は、四回と六回に1死一、二塁のチャンスをつくるも後が続かず力尽きた。

 坂井は5日、敦賀市総合運動公園野球場で福井工大福井と準決勝を戦う。(午後0時半試合開始予定)

関連記事
あわせて読みたい