信濃―福井 9回福井2死一、二塁、高柳の適時打で同点のホームに滑り込む二走浜崎裕太=長野オリンピックスタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは3日、長野市の長野オリンピックスタジアムで信濃グランセローズと対戦し、延長十回の末、5—6でサヨナラ負けした。通算8勝5敗1分け。西地区首位はキープしたが、2位信濃とのゲーム差は0・5に縮まった。次戦は4日午後1時から、越前市の丹南総合公園野球場で富山GRNサンダーバーズと対戦する。

福井
030 100 001 0…5
100 300 010 1x…6
信濃

 【評】福井が延長十回、本盗を決められサヨナラ負け。九回に1点差を追い付いたが、最後は踏ん張れなかった。

 打線は0—1の二回、大松陽平のソロ、浜崎裕太の2ランで逆転。四回には、浜崎の適時三塁打で加点した。しかし、その裏に先発岩本輝が3連打などで3失点し、同点とされた。

 1点を追う九回は、2死から2四死球、続く高柳翔宇が左前に同点打を放ち延長戦へ。十回、角屋龍太が安打と2四死球で満塁とされ、最後は本盗で失点し、時間切れの引き分けに持ち込めなかった。

関連記事