福井―富山 1回富山2死一、二塁、適時打で4失点目を許し、険しい表情を見せる福井先発のイム・テフン=4日、福井県越前市の丹南総合公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは4日、福井県越前市の丹南総合公園野球場で富山GRNサンダーバーズと対戦した。福井は8—10で敗れ、今季初の3連敗。通算8勝6敗1分けとし、西地区2位に転落し、信濃が首位に立った。次戦は5日、金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと対戦する。

富山
400 330 000…10
102 203 000…8
福井

 【評】福井は投手陣が10失点と崩壊。打線は相手を上回る15安打を放ったが、終盤の好機であと1本が出なかった。

 先発イム・テフンは初回、5安打を浴び4失点。後を継いだ武田征也は二、三回こそ無失点に抑えたが、四回に3失点。五回には内藤久文が2死から連続適時打を浴び、3点を失いリズムをつくれなかった。

 打線は5点を追う六回、高柳翔宇の安打を皮切りに打者9人の猛攻で3点を返した。七回以降、毎回得点機をつくったが、いずれも後続が倒れ本塁が遠かった。

関連記事