福井―栃木 7回福井2死一、二塁 勝ち越しの左前適時打を放ち、ガッツポーズして喜ぶ高柳翔宇=県営

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは11日、福井市の県営球場で栃木ゴールデンブレーブスと対戦し、7—4で勝利した。通算9勝8敗2分けで、西地区単独2位となった。次戦は13日、福井フェニックススタジアムで武蔵ヒートベアーズと戦う。

栃木
010 210 000…4
000 100 60×…7
福井

 【評】福井は3点ビハインドの七回に打者9人の猛攻で一挙6得点。終盤の集中打で鮮やかな逆転勝利を手にした。

 打線は栃木先発ウーゴに苦しみ、六回まで1得点。しかし、投手が交代した七回に爆発した。栗田茂樹、荒道好貴の連打で無死一、三塁とし、森亮太の右犠飛でまずは1点。さらに満塁とし、押し出し四球、松本友の左犠飛で同点。2死一、二塁から高柳翔宇の左前打で勝ち越した。

 七回から登板した武田征也が、1回1/3を1安打無失点に抑え今季初勝利を挙げた。

関連記事
あわせて読みたい