スズキが好調で、九頭竜橋~河口までで50~90センチ。各河川とも中流域までで40~60センチの釣果があり、ルアーはフローティングミノーやシンキングペンシル、バイブレーションが有効という。

 【沖合】ブリ、メジロが釣れている。
 

越前海岸

 15~25センチのアジが居倉や白浜などの漁港を中心に、小型ワームやサビキを使って好調。

 グレはシーズン突入。ウキフカセ釣りで鉾島~大崎、左右~玉川の磯で釣果。30センチ超も釣れる。今後サイズアップが予想される。

 マダイは70センチ超、ヒラマサは90センチ超のものも上がっている。

 カマスは終盤。アオリイカはエギング、ヤエンともに釣果が少なくなっている。

 これからの季節は波が高くなるので救命胴衣の着用が必須だ。

福井新港

 一帯でアジ(15~25センチ)がサビキなどを使い好調だが、日によってムラがある。サッカー場下、パイプライン、北防、第2排水口などで30センチ以上が交じる。

 25~30センチのチヌが10匹近く上がることも。

 スズキは夕まずめ~ナイトゲームのパイプライン周辺で60~78センチが上がっている。

嶺南

 敦賀市縄間の一文字堤でグレが好調。

 小浜新港では夕方ごろから20センチ超のアジが上がる。

 仏谷、北川河口ではセイゴ、小浜湾の筏(いかだ)ではアジ、チヌ。

 高浜町沖では大型のサバ。町内の堤防や波止場ではサンバソウ、カワハギ。

河川

 スズキが好調で、九頭竜橋~河口までで50~90センチ。各河川とも中流域までで40~60センチの釣果があり、ルアーはフローティングミノーやシンキングペンシル、バイブレーションが有効という。

河川
スズキ
嶺南
アジ
グレ
福井新港
チヌ
アジ
越前海岸
グレ
アジ
関連記事
あわせて読みたい