越前海岸で良型のヤリイカが好調。釣りに出る人がまだ少なく情報は乏しい。

越前海岸

 大樟、梅浦、茱崎、玉川で胴長30~40センチのヤリイカが多い人で10~20匹。釣果は夕方から夜にかけて集中。仕掛けは餌巻きスッテがメイン。

 三国突堤や東尋坊でチヌ、マコガレイ、アジ。

 メバルは大樟で釣れている。カサゴやアイナメは消波ブロックの穴釣りで。青物は渋い。

福井新港

 アジは日によって釣果にムラがあるものの、サッカー場下などで20~40センチ。投げサビキ、カゴ釣りが有効。

 チヌはパイプラインで30センチ前後がぽつぽつ。

嶺南

 チヌは元比田で35~45センチが1、2匹。

 小浜沖で80センチオーバーのヒラマサ、30センチ前後のアジ。防波堤、筏(いかだ)の情報はほとんどない。

 高浜漁港では青イソメの餌で20センチ弱のカサゴが4、5匹。

河川

 中角橋、高屋橋、福井大橋など九頭竜川全域と日野川で50~60センチのサクラマス。

 昨年に比べると数量は劣るが、例年並みの状況という。

河川
サクラマス
嶺南
カサゴ
チヌ
福井新港
アジ
越前海岸
ヤリイカ