各地とも釣れないことはないが水温は低く、本格シーズン入りはもう少し先。

【沖合】三国沖でマダイ、ホウボウ。小浜沖は30~40センチのマダイが15匹、60~70センチのヒラマサが1~3匹。仕掛けはフカセ釣りがメイン。

越前海岸

 ヤリイカは胴長30センチクラスが茱崎~梅浦でまずまず。

 三国突堤でマコガレイ、チヌ、アジ、カナガシラ。狙い目はアジで、25センチ級がナイトゲームで20~30匹上がることも。

 松島の地磯で40センチクラスのチヌ2匹。

 産卵のため浅場に寄る“ノッコミ”は4月以降の見込み。

福井新港

 アジはサッカー場下で多い人は3、4匹。朝まずめから午前8時にかけてがよい。

 チヌはサッカー場下、パイプライン、北防などで25~30センチ。穴釣りではアイナメ、カサゴ、ソイ。

嶺南

 音海の地磯で40センチのチヌ4匹、30センチのグレ2匹の便り。

 チヌは若狭和田や元比田でも。

 小浜湾内の波止場、防波堤ではカサゴなど根魚狙いの釣り人が増えてきた。

河川

 サクラマスは九頭竜川の五松橋、福井大橋、中角橋、天池橋、高屋橋などで釣果。サイズは50~60センチ。

河川
サクラマス
嶺南
チヌ
福井新港
チヌ
アジ
越前海岸
アジ