福井―群馬 4回、一打同点のピンチを三振で切り抜け笑顔を見せる福井の浜田俊之(右)と片山雄哉のバッテリー=福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは14日、福井市の福井フェニックススタジアムで群馬ダイヤモンドペガサスに5―1で勝利した。2連勝を飾り、通算10勝8敗2分け。次戦は17日、金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと戦う。

群馬
000 100 000...1
011 200 01×...5
福井

 【評】福井は先発浜田俊之が7回1失点の力投。打線は先制、だめ押しと着実に得点を挙げ、理想通りの展開で快勝した。

 二回、高柳翔宇の四球、暴投などで2死三塁とし、片山雄哉の内野安打で先制。四回には、1死二、三塁から荒道好貴の2点適時打で加点。八回は、高柳、栗田茂樹の連打などで2死満塁とし、暴投で貴重な追加点を奪った。

 先発浜田は失策絡みで失点した四回以外は三塁を踏ませない好投。八回は角屋龍太、九回は藤岡雅俊が無失点に抑え、反撃を許さなかった。

関連記事
あわせて読みたい