美浜・五木ひろしマラソンで、美しい海岸沿いを駆け抜ける5キロの部の出走者=14日、福井県美浜町竹波

沿道のツツジに彩られた鯖江つつじマラソンコースを快走するファミリーの部のランナー=14日、福井県鯖江市東鯖江3丁目

 第29回美浜・五木ひろしマラソン(福井県美浜町、町教委、町体協主催、福井新聞社共催)と、第39回鯖江つつじマラソン(福井県鯖江市、市教委、市体協、福井新聞社主催)が14日、同町と同市でそれぞれ開かれた。両マラソンに計6787人(オープン参加を含む)が参加し、美しい自然の中を駆け抜けた。

 美浜・五木ひろしマラソンは美浜町丹生の特設会場を発着点に開かれた。風光明媚(めいび)な若狭湾国定公園海岸沿いを走るコースで、全国から3363人(同)が出場。5部門16種目に分かれ、すがすがしい潮風を感じながら健脚を競った。

 鯖江つつじマラソンは、鯖江市東公園陸上競技場を発着点に開催。ハーフなど5部門、21種目に3424人(同)が出走した。色とりどりのツツジと新緑が彩る初夏の市内を存分に力走した。

関連記事